橋の風景 : Landscape of Bridge
index Picture

トップページ北海道・東北関東甲信越・北陸東海 近畿中国四国九州・沖縄 海 外気になる橋


これまでに私が撮った橋の写真を掲載します。2004年より前の写真はネガ、およびポジフィルムからデジタル化しました。2004年からデジタルカメラを入手し、それまで撮った写真で再度撮り直した物もあります。すべてはマイクロソフト社のアクセスでデータベース化し、整理しました。
掲載した写真(上部構造)は、構造形式別には以下によります。

     アーチ橋は、スパン(約10m以下)の小さいモノは見栄えにより選定
    トラス橋、斜張橋、エキストラドーズド橋は、撮った橋すべて
    吊り橋は、見栄えのする橋を選定
    桁橋は、鋼製、RCPCを問わず変断面など特徴の或るモノだけに止めた
    鋼橋のデータは、土木学会の「歴史的鋼橋集覧」、日本橋梁建設協会の「橋梁年鑑データベース」を参考にした

所在地の名称は最新とはいえず、市町村合併前の名称があります。橋梁の全体の完成年月と橋梁自体の完成(竣工)年月が、親柱の橋名板に表記された時期と橋歴版で表記された時期がずれ、記載内容でも混在していますがご容赦ください。また、橋梁名が橋名板で確認できないのは、私が適当に附けました。読み名は、一応、ローマ字表記で最適と思える橋名を附けたが自信がありません。

写真は現地に行ったときの気候・天候、撮影位置、および時間によって表情が変わります。何度か行ったけどうまく撮れていない物がありました。データー編の北海道・東北から九州・沖縄までの写真のうち、見栄えの良い写真だけは、(1800×1200)版として掲載しました。20**.****で、撮影した日を記した箇所です。


あくまで趣味の範囲で有り、記載内容の誤りの責はすべて私自身にあります。


写真枚数

    国内編      300X225版 8,073枚、  1800X1200版 1,015枚、   900X600版 1,949枚
    海外編         〃       195枚、                 97枚
    ノート                   168枚

         ※ 詳細はこちら


掲 載 履 歴


令和 3年11月13日  第三十二弾、近畿地方の瀬田川(滋賀県)、木津川・宇治川(京都府)、淀川・大阪港(大阪府)、武庫川・神戸市
               周辺・明石海峡大橋・加古川(兵庫県)、吉野川(奈良県)、および紀の川(和歌山県)を追加更新しました。
               東京都の鉄道・高速道路(荒川)、日本橋川(隅田川)を更新しました。新潟県、福島県の阿賀川(阿賀野川)
               流域と福島県の中部を追加更新しました。

令和 3年 6月29日  第三十一弾、東北地方、特に青森県を更新しました。

令和 3年 5月 6日  第三十弾、静岡県東部地方、西部地方天竜川流域、栃木県の那珂川流域、渡良瀬川流域、鬼怒川流域大国川と
               群馬県の渡良瀬川流域を更新しました。               

令和 2年11月 6日  第二十九弾、岐阜県飛騨地方、長野県木曽地方、天龍地方などを更新しました。
               1800X900版と900X600版の写真は、重複分をできるだけ削減しました。

令和 2年 9月 6日  第二十八弾、東北地方と関東地方、特に秋田県、および山形県の記載内容を追加。
               青森県、岩手県、および宮城県の一部追加。関東の東京都、ほか5県の一部追加。

令和 2年 6月 4日  第二十七弾、データ編のリニューアル、それに、「気になる橋」と題して道路橋、鉄道橋、人道橋、可動橋、
               および遺構などのページを追加しました。
               1月から新型コロナウィルスの蔓延より外出が閉ざされ、まったく橋の写真が撮れなかった。
               本来なら6月1日から海外に行く予定でしたが、3月になって飛行機も飛ばなくなり、散歩する以外は自宅で
               こもりきりになました。したがって、時間つぶしのため「気になる橋」を作成し、これまでに撮った写真の中から
               これまでに紹介したもの以外を中心に900X600版として纏めました。

令和 2年 2月28日  第二十六弾、中国と九州、特に山口県の記載内容を一部追加。
               山口県、広島県、および福岡県。

令和元年11月21日  第二十五弾、北海道中央部以外、その他若干の追加。新規の掲載箇所が解るようにしました。
               長野県、山梨県、神奈川県、埼玉県、および東京都。

令和元年 8月22日  第二十四弾、福島県沿岸部、茨城県、その他若干の追加。。
               記載のデータを、日本橋梁建設協会の橋梁年間と照合しました。

令和元年 6月 2日  第二十三弾、四国、東海、甲信越・北陸、関東の掲載内容を一部追加しました。
               徳島県、高知県、愛媛県、静岡県、岐阜県、長野県、富山県、新潟県、群馬県、神奈川県、および東京都。

平成31年 3月15日  第二十二弾、掲載写真の一部変更。ノートの追加。

平成31年 2月22日  第二十一弾、誤記の修正。フォームの変更。

平成30年11月30日  第二十弾、北海道、青森県以外の東北4県、および新潟県の177件追加。
               埼玉県、東京都、神奈川県、および山梨県の一部を追加・差し替え。

平成30年 9月29日  第十九弾、熊本県の石橋を追加。東海以西の誤記を修正。

平成30年 8月30日  第十八弾、海外シリーズ(その2)を公開。

平成30年 7月31日  第十七弾、海外シリーズ(その1)を公開。

平成30年 6月26日  第十六弾、北海道、および鹿児島県の石橋を公開。

平成30年 5月31日  第十五弾、宮城県、および鹿児島県(石橋を除く)を公開。

平成30年 4月27日  第十四弾、東京都の道路橋・水管橋、および新潟県を公開。

平成30年 3月21日  第十三弾、東京都の高速道路・鉄道と歩道橋、山梨県、および山口県を公開。

平成30年 2月26日  第十二弾、秋田県、栃木県、および長野県を公開。

平成30年 1月24日  第十一弾、福島県、兵庫県、および大分県を公開。

平成29年12月21日  第十弾、群馬県、静岡県、広島県、および熊本県(石橋を除く)を公開。

平成29年11月27日  第九弾、青森県、徳島県、および福岡県を公開。

平成29年10月21日  第八弾、山形県、および大阪府を公開。神奈川県、愛知県を若干改訂。

平成29年 9月26日  第七弾、千葉県、石川県、奈良県、島根県、および長崎県を公開。

平成29年 8月23日  第六弾、岩手県、埼玉府、滋賀県、高知県、および沖縄県を公開。

平成29年 7月25日  第五弾、茨城県、京都府、岡山県、佐賀県、および熊本県の石橋を公開。

平成29年 6月23日  第四弾、愛知県、福井県、および愛媛県を公開。

平成29年 5月29日  第三弾、和歌山県、および富山県を公開。神奈川県を改訂。使用した写真の枚数を掲示。

平成29年 5月 1日  第二弾、神奈川県、および宮崎県を公開。

平成29年 4月 9日  「橋の風景」を公開。内容は岐阜県、鳥取県、および香川県。


現在の閲覧者数:


サイトマップ




If you have any questions, please contact E:mail landscape-bridges@jcom.zaq.ne.jp

  

気になる橋ランガー

inserted by FC2 system